安全なレジストリクリーナー CCleaner

  使い込んだパソコンが遅くなるのは、レジストリと呼ばれるPC固有の履歴情報が肥大化し、起動・終了時のレジストリ処理に時間がかかることも一因です。アプリケーションをインストールし、使わなくなったのでアンインストールしても、レジストリには再度使うときに備えて情報が登録されています。このレジストリのエントリーは増えることはあっても減ることは基本的にはありません。レジストリの編集は手動でもできますが、操作を誤るとパソコンそのものが起動できなくなって壊れてしまいます。パソコンを再セットアップすると、このレジストリが初期値に戻り、動きが早くなります。しかし、ソフトのインストールや設定をすべてやり直さなくてはならず、大変です。

 レジストリの掃除は、究極の大掃除になりますが、安全に無料でできるのが、CCleanerです。有料のソフトもありますが、ウイルスガードソフト同様、有料版は料金に見合う効果を期待されるので「やりすぎ」になることもあり、危険も伴います。CCleanerは有料版もありますが、先ずは無料でできる範囲で試す方が良いでしょう。MS社も似たようなレジストリクリーナーを提供していましたが、ネット経由でパソコンのレジストリをスキャンするので、情報を吸い上げられるのではないかという懸念がありました。また、安全性を重視するあまり期待したほどの効果もありませんでした。

 CCleanerの効果は、劇的なものではありませんが、実感できる改善は見られます。5年も使うと不要なレジストリ項目が500件くらいも検出され、これらを掃除することで、起動終了も若干早くなりました。

  ソフトは、本家のページは英語でダウンロードも面倒なので、このソフトは、を続できますが、http://ccleaner.brothersoft.jp/ から日本語版が入手できます。インストールしたら、先ずレジストリボタンをクリックし、問題点のスキャンをしてみてください。

100%完了したら、問題点を解決ボタンをクリックします。

念のため、現在のレジストリをバックアップを確認してくるので、マイドキュメントに保存します。項目ごとの処理法を確認してきますが、選択したすべてを解決で大丈夫です。終了したら、再起動してみてください。効果が確認できるはずです。

「無料」ということで、効果は少ないかもしれませんが安全にレジストリの掃除ができます。

「遅くなったパソコンを速くする」という触れ込みのソフトがあれこれ売られていますが、もともと遅いパソコンが早くなることはありません。遅くなる理由とその対策を知って使わないと、パソコンを不調にする原因になってしまいます。ごみ箱を空にすること・一時ファイルを整理すること・使わないソフトをアンインストールすること、そしてレジストリを整理することが、購入時のスピードに近づけるポイントです。

戻る